le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東文彦 祖父石光真清からの系譜』(阿部誠)を読む

阿部誠氏の『東文彦 祖父石光真清からの系譜』(太陽書房、2005年)を読んだ。三島由紀夫の十代(15歳~18歳)の文通相手として知られる東文彦(大正9年~昭和18年)の、おそらくは初の評伝だ。
三島研究のなかで東が重要なのは、一般的には、東が三島のはじめての本格的読者・批評者であり、一緒に同人誌『赤絵』を刊行している(昭和17年7月、昭和18年6月)からなのだが、それにとどまらないことは、阿部氏の丹念な仕事によってはじめて明らかになったといってよいだろう。それは、東が三島の十代を一気に『豊穣の海』につなぐキーパーソンでもあるということだ。
『豊穣の海』が東文彦と結びつくのは、第二部『奔馬』のなかの神風連の乱のエピソードによってなのだが、その辺の経緯、阿部氏の研究によって紹介してみよう。
まず阿部氏によって明らかになったのは、三島が石光真清の『城下の人』(龍泉閣、昭和33年、同年の毎日出版文化賞受賞。なお同書は、現在中公文庫の一冊として刊行されている)を所蔵していたということ。しかもこの『城下の人』は本来四部作なのだが、三島はその第一部にあたる『城下の人』のみを所蔵していたという。それは、石光真清に対する三島の関心のあり方をも示唆しているように思われる。実は、『城下の人』のなかには、明治9年に熊本でおこった神風連の乱についての記述があり、三島はおそらくこの著作によって神風連を知り、それに関心をもつようになったと考えられる。
ところで、三島が実際に神風連を取材のために熊本を訪問するのは昭和41年のことだが、その折に三島が訪ねた荒木精之氏は、三島が神風連に関する著作をすべて読んでいることを感じたと証言しており、おそらくこの時点までには『城下の人』を読んでいたのであろう(すると、この熊本訪問で三島が直接石光真清関係者を訪ねなかったのはなぜかという疑問が生ずるが、それには、なにか別の事情があったのであろう)。
阿部氏が明らかにしているのは、この事実だけではない。以下はさらに重要な指摘なのだが、『城下の人』の最初の刊行(二松堂)は昭和18年7月で、この初版本の表紙と挿絵は当時存命中の東文彦が描いているという(東の死は同年10月)。石光真清と東文彦の血縁関係は、真清の次女・菊枝が東文彦の母であるということだが、結核で療養中の東文彦と三島は、感染のおそれから面談は数えるほどしかなく(確実なのは昭和16年2月19日の一回)、それ以外は、菊枝が三島と応対し、三島と文彦の「会話」を媒介していた。
実は、三島が東文彦と交際し、東の父・季彦の資金で同人誌『赤絵』が刊行された昭和17年~18年は、石光家(東家)にとっては、真清の手記『諜報記』刊行(昭和17年2月)、真清の死(昭和17年5月)、『城下の人』刊行(昭和18年7月)という非常に重要な時期でもあり、三島は、菊枝を通してこの一連の事実を知っていた蓋然性が非常に高い。『城下の人』も、初版刊行時のすでに読んでおり、昭和33年版は、その内容を確認するために所蔵したのであろう。

三島の全作品、なかでも十代作品およびそれと重なる東文彦の作品は、この基本的事実を踏まえたうえで読まれるべきものだと私は考える。
三島といえば、通常、同性愛と右翼思想が大きなテーマと考えられており、十代作品は、戦後、三島が本格的「文学」を志していくための習作という位置づけが多いように思う。しかしこれだけで終わるのでは、あまりにも紋切り型の読解ではないだろうか。
一方、三島の十代作品を刊行時から読んでいるといっても、たとえば奥野健男氏の『三島由紀夫伝説』(新潮社)の場合、これらの作品は時代迎合的なもので、そのため三島は戦後ただちには文壇に受け入れられなかったと位置づけられているのだが、私はこうした判断は根本的に間違っていると思う。それは三島が東文彦に宛てた書簡(現在新潮文庫から『三島由紀夫 十代書簡集』として刊行されている。ただし阿部氏によれば、書簡の配列に誤りがあるという)を読めばすぐにわかることで、三島は、通常三島の右翼的思想に強い影響を与えたとされる日本浪漫派に対しては批判的で、むしろ反時代的な小説(「ますらおぶり」に対する「たわやめぶり」の軟弱な小説)を書こうとしている。奥野氏が『三島由紀夫伝説』を執筆した時点ではこの書簡は公刊されておらず、奥野氏の見方は、三島の十代小説の多くが古代から中世を舞台にした歴史小説であることを単純に「古代回帰的」と断定した、短絡的で先入見の入ったものになっていると思う。
また、同性愛にしても、それを直接的なテーマとした作品は三島には意外に少なく、私には、十代小説よりむしろ『仮面の告白』や『禁色』の方が、直接的なスキャンダルを売り物にした時代迎合的な作品と思える。
それはさておき、十代の三島作品は、三島がほんらい展開したかった小説世界がストレートに描かれているように思え私には好感がもてるのだが、三島の不幸は、彼が小説家として生きていくことを決めた昭和20年代という時代が、戦後の混乱のなかで刺激の強い小説ばかりが求められた時代であり、戦争中(十代)に三島がめざしていた小説世界を発展していく機会がなくなってしまったことだろう。『禁色』は、同性愛の風俗を描いた作品というより、挫折した古典的小説家の話とした読んだときはじめておもしろい作品たりえると思うのだが、その挫折した小説家に、三島が、東文彦の小説の登場人物と同じ「俊輔」という名前を与えているのは興味深い。これは、戦前の三島や東がめざした小説世界に対する訣別の書としても読めるのではないだろうか。

さて、東作品そのものに関しては、三島の評(『東文彦作品集』序)があるうえに、阿部氏の詳細な分析もあるので、ここには特に記さない。
ただいえるのは、年齢的なものとその生活のほとんどが病床にあったという二つのハンディキャップから、東作品には、いわゆる「実人生」のかおりがほとんどしないということだ(そしてそれは、三島の十代作品にも共通する)。三島がいみじくも記しているように、東作品から感じられるのは「クラヴサンの音色」であり、その透明感を私は好ましいと思う。
その意味で、東文彦が長生したらどのような作家になったかおもしろいとも思うが、三島同様、東は本質的には戦後の混乱期にむいた作家ではなかったとも思う。しかしこのことは、小説家としての東の資質をおとしめるものでは少しもない。
いずれにしても、『東文彦 祖父石光真清からの系譜』刊行を機に、東文彦に関心をもつ人が出、また三島文学を違った角度から読む人が増えればいいと思っている。

なお、『東文彦 祖父石光真清からの系譜』は、太陽書房のサイトで直接注文できる。
ちなみに、今秋(10月頃)には『東文彦全集』の刊行も予定されているという。

   *    *    *

人気blogランキングに登録しました。クリックお願いします♪
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/04/08(土) 14:57:26|
  2. 文学(人と作品)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<荻昌弘氏の『ジャンヌ・ダルク裁判』分析 | ホーム | ブレッソンとクレンペラーの対位法 2>>

コメント

拙著に対する御高評、ありがとうございます。恐縮です。
いつもこちらのサイトを拝見し、勉強になっておりました。
もっと早く連絡をとりたいとも思ったのですが、私の本があまりにも拙く、文章も下手で脱字も多く、ちょっと恥ずかしかったもので、メールを出す勇気が出ずにいました。
拙著をお読みいただいただけでも嬉しいところを、しかも深くご理解いただき、またこんなに良さを認めていただいて、感激しております。
まだまだ未熟者ですので、これから精進し、鍛錬を積み重ねていきたいと思っております。
いつもこちらのサイトを読むのを楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2006/04/15(土) 22:12:29 |
  2. URL |
  3. 阿部誠 #-
  4. [ 編集]

うれしい驚き!?

阿部さん、書き込みありがとうございます。
阿部さんがこのブログに目をとおしてくださったこと、そして書き込みまでしてくださったことは、私にとってとてもうれしい驚きです。
さて、『東文彦 祖父石光真清からの系譜』(太陽書房、2005年)の次に出た阿部さんの労作『東文彦ガイド 評伝編』(太陽書房、2006年)の「あとがき」のなかの、「従来の捉え方で三島の作品に馴染んできた人々にとって、文彦という人物と作品とは了解不能なものなのである。(中略)要するに、三島研究においては新しい解釈コードが必要となってきている」という言葉、私はまったくその通りだと思います。
その意味で、おそらく阿部さんがすすめておられるのだと思いますが、東文彦全集の刊行、とても楽しみにしております。
また、東文彦のこと、三島のこと、これからもいろいろお教え下さい。
  1. 2006/04/16(日) 19:19:44 |
  2. URL |
  3. lunatique #tmBa20pk
  4. [ 編集]

了解しました。
何か進展がありましたら、お知らせいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2006/04/17(月) 08:44:31 |
  2. URL |
  3. 阿部誠 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/100-528f8e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。