le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鎌倉時代の足利氏の信仰からほのみえてくるもの

昨日は中世史の勉強会があり、足利氏の信仰に関するMさんの研究発表を聴いてきました。足利氏の信仰といっても、足利氏が政権をとってからの室町時代の話ではなく、鎌倉時代の足利氏の信仰についての話です。
これがけっこう難しくて、要するに、鎌倉時代の足利氏のほんとうの根拠地は足利だったのか鎌倉だったのかとからんできますし(足利にある足利氏の氏寺は密教寺院で、鎌倉で足利氏がバックアップしていた寺院は禅宗寺院)、最終的には、鎌倉幕府がたおれたあとで足利氏が政権をとれたのはなぜなのか、鎌倉時代の足利氏はどのような位置にあったのかともからんでくるんですね。
ご承知のように、足利氏は源氏の一族で、足利に根拠をもつようになるのはそれほど古い時代ではありません。八幡太郎義家の孫・義康が足利氏の祖とされていますが、この義康は、清盛、義朝(義康の従兄弟・為義の子)とならんで保元の乱に出陣したことが知られていますし、この時点では、義康と義朝の活動にそれほど大きな違いはなかったと考えられるのではないでしょうか(義康の父、義国が北関東に進出したのは、『金葉集』が編纂された白河院政末期~鳥羽院政期と考えられます)。ただ、義康が保元の乱の翌年に若死しているので、義康の子は、平治の乱やそれに続く平氏の全盛時代にはあまり大きな活動ができませんでした。やがて頼朝が平氏に反旗を翻すと、義康の三男・義兼はいち早く頼朝に従い、幕府のなかでも上位の御家人と位置づけられるようになります。
今回の発表は、その先、鎌倉時代に入ってからの足利氏の動き(信仰問題)なのですが、発表後の質疑応答をとおして明らかになったのは、宇都宮氏、小山氏、千葉氏のようなすでに自分の根拠地を固め、それと一体化した御家人と違い、足利氏は足利の地と完全には一体化しておらず、鎌倉住人といった様相が強かったのではないか(したがって足利にある足利氏の菩提寺も、手厚いバックアップをうけなかったのではないか)、ということです。
実は私は武士論は苦手で、以上の議論も完全に消化できたとはいえないのですが、たとえば平安末に武士の棟梁といわれた人たちは、地方に完全に土着した土豪的武士ではなく、地方と京都に根拠をもち、地方武士と朝廷をつなぐことができる半定住の人たちを指したのだと考えています。平安時代の末には、こういう武士の棟梁が多くいたというか、京都(朝廷)だけを根拠にできない下級の軍事貴族が、安定した根拠を求めて地方に進出し、すでに地方に一定の支配権を確立していた「武士」(例:宇都宮氏、小山氏、千葉氏)と関係を結んで地方に割り込むと同時に、京都とのパイプ役になっていたのではないかと考えるのですね。ですから、地方に完全に定住してしまうと「棟梁」にはなれないわけで、要するに、武士の棟梁というのは、ある意味でとても不安定な存在だったのだと思います。
このことは、たとえば義朝や頼朝を例にとるとわかりやすいと思うのですが、義朝や頼朝(さらには義経)にはほんとうの意味での根拠地はなく、特定の根拠地をもった地方武士と結ぶことではじめて力をふるうことができるわけです。
平安末というのはそんな時代で、清盛も武士の棟梁だったし、頼政も義経もみんな武士の棟梁になる可能性をもっていたのだと思います。
鎌倉幕府をどう定義するかというのはとても難しい問題なのですが、それを単純に朝廷との相関関係で「武士政権・組織」とのみとらえるだけではなく、平安末まではいろいろな有力者が武士の棟梁になる可能性をあったのに対し、こうした可能性を制度的に否定し、頼朝以外が棟梁になれないようにしたという、対武士的な一面があるのではないかと私は考えています(清盛は、突出した実力者で、他の軍事貴族が武士の棟梁になるということを想定していなかったため、幕府といった組織をつくる必要がなかったのではないでしょうか。つまり、清盛の政治構想と頼朝の政治構想の大きな相違は、対朝廷というより、対武士にあるともいえるのではないでしょうか)。
さて足利氏の問題にもどせば、出発した時点で足利義康はそうした武士の棟梁のひとりだったし、その活動の比重の多くが京都にもかかっていただろうと思います。それが、有力な棟梁にもなれず、かといって足利の地を完全に固めることもできないうちに幕府という制度ができ、棟梁になる芽はつぶされ、しかしながら足利の地も盤石ではなかったということが、足利にある足利氏の氏寺経営の問題からほのみえてくるというのが今回のMさんの発表の要点ではなかったかと考えています。
勉強会には、室町時代の足利氏等を研究しているC大のS先生もお見えになり、足利氏関係の文献史料の読み方など、丁寧にお教え下さったのが大変勉強になりました。

   *    *    *

人気blogランキングに登録しました。↓クリックよろしく♪
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/25(日) 16:24:58|
  2. 日本中世史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<複数の親鸞伝を読む | ホーム | 『金葉集』の編纂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/112-ece608c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。