le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実に切ない作品ーー『金髪の草原』

これは切ない、実に切ない、そしてファンタスティック。
ビデオで犬童一心監督の映画『金髪の草原』を観た。
同名の大島弓子のコミックを映画化したもので、1999年制作、2000年公開。

80歳の老人・日暮里歩は、記憶を失って、ある朝20歳の青年として目をさます。心は青年だが実際には老人なので、目もかすみ、体も思うように動かない。彼に向かって少女(孫娘)は「じじい」と呼ぶ。なにやらカフカの『変身』やタイムトラベルものを思わせるSF的で奇妙なはじまりだが、みているうちに、そういう直接的な幻想性を狙った作品ではないことは、すぐに明らかになる。
とまどう日暮里の前に、なりすという若い女性がホーム・ヘルパーとして訪れる。彼女は日暮里が通う大学(実は彼が60年前に通っていた大学)の前でいつもみかけるマドンナにうり二つだ。偶然の出会いにとまどいながらも喜びを隠せない日暮里…。

映画は、この日暮里歩を、彼の内面のまま若い役者(伊勢谷友介)が若者のメークで演じる。シュールといえばシュール、虚といえば完全な虚。この先、ドラマとその描写はいったいどうなることかと、われわれは映画の展開、犬童の手法の双方を興味津々みまもることとなる。

80歳の日暮里を若い役者が演じる以外、作品にはこれといったしかけはない。日暮里邸での一日の描写が済むと、場面は弟と二人で暮らすヘルパーなりす(池脇千鶴)のアパートにかわり、日暮里邸での変わったできごとを弟や女友達に話すなりすの日常生活が描かれる。以後、日暮里邸でのできごととなりすのありふれた日常が交互に描写されるのだが、なりすの日常がありふれたものとして描かれれば描かれるほど、日暮里の描写は奇妙にうつる。

ドラマはなりすの失恋をきっかけに急展開する。なりすへの思いをつのらせる日暮里。われわれはそれをありえないことと理性ではわかっているのだが、画面に映し出される日暮里が若い男であるために、一瞬、ありうることと錯覚してしまう。
この辺、コミックであれば単にそうした約束事として済む描写が、実写で映し出されると違和感が増幅する。コミックと映画(実写)の効果の違いを計算した、犬童のきわめてたくみな構成というしかない。

さて、この奇妙な夢と現実の交錯はどのような結末を迎えるのか。夢が勝つのか、現実が勝つのか…。詳細は作品に譲るが、残酷で、切なく、それでいてファンタスティックな終わり方だ。それでもあえて一点だけ書くとすれば、伊勢谷友介が伊勢谷友介のまま終わるのがいい。

『金髪の草原』と『メゾン・ド・ヒミコ』に共通するのは、不可能な恋の探究ということだろうか。両作品を比較して、作品全体の香り高さと美しさ、展開の巧みさということでは『メゾン・ド・ヒミコ』に軍配をあげたいが、だからといって『金髪の草原』が『メゾン・ド・ヒミコ』に完全に劣るというわけではない。『金髪の草原』は、話の内容とそれを語る手法がストレートな分だけ、感動もストレートだ。こんなことありえない、絶対にありえないと何度もくりかえしながら、一方でその矛盾を肯定したくなっている自分に気づかされる。
なんという作品!

伊勢谷友介は、20歳のまま記憶が停止したボケ老人という難しい役所をみごとに演じているだけでなく、大正生まれの帝大生というカチっとした雰囲気もただよわせている。特筆にあたいするすばらしい演技だ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/04(日) 22:22:13|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<不可能な恋の顛末記ーー『ジョゼと虎と魚たち』 | ホーム | 現実へのしなやかな抗議ーー大島弓子『つるばらつるばら』>>

コメント

Tauです。
コメントありがとうございました。
私は日本近現代史を学んでいます。
まだ院生で、研究の方向性に試行錯誤な毎日で、日々悩んでます(笑)

いつもいいブログだな、と思って拝見させていただいてました。リンクはあまりされない主義なのでしょうか??よければこちらの方で勝手にさせていただいてもよろしいでしょうか?
  1. 2005/09/06(火) 15:17:50 |
  2. URL |
  3. Tau #-
  4. [ 編集]

初コメント!ファンタスティック!

わお!初コメントです。ファンタスティック!Tauさん、ありがとうございます。
リンクしない方針だなんて飛んでも八分。いろいろリンクしたいしリンクしてもらいたいとは思っているのですが、なかなか相手がみつからなかったのです。
Tauさんのブログ、さっそくリンクさせていただきますね。
実はこのブログでは、歴史関係のことにあまり力を入れるつもりではなかったのですが、歴史を学んでおられる方にきていただけると、とてもうれしいです♪
  1. 2005/09/07(水) 01:21:49 |
  2. URL |
  3. lunatique #tmBa20pk
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/09/07(水) 10:58:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/14-a334341b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 【金髪の草原】

久々に、{/kirakira/}気持ちのいい映画{/kirakira/}をみたので報告します。観たあとに「ああ。気持ちのいい映画だったなぁ。」と思える映画ってあまりないのですが、「金髪の草原」は非常によかったです。{/good/}とある青年が、若い女性に純粋な恋をする。というストーリー
  1. 2005/09/09(金) 18:41:40 |
  2. ブログ耳ロバ

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。