le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『のだめカンタービレ』のことなど

この土日は、<親鸞本>を横に置いて、コミック『のだめカンタービレ』(講談社)の勉強?をしておりました。
この作品、クラシック音楽・演奏家の話ということで、CDショップにいくといつも売り場の傍らに置いてありますから、そういう作品があるということは前から知っていたのですが、読む決め手となる一押しがなく、「クラシック音楽を題材としたコミックなんて、読まなくたって中身は想像できる」とかなんとか自分で勝手に理屈をつけて、これまで手を出さずにおりました。
それが、再興中世前期勉強会のメンバーから最新巻(第15巻)を頂いたこと、日大のゼミ誌に掲載されていた作者・二ノ宮知子さんへのインタビューを読んだこと、そしてこの作品が10月からテレビドラマ化されることを知って、いい機会かも知れないと思って一気に読んでしまいました。
読む前の思い込みのなかでは、『ガラスの仮面』的に、クラシック音楽への蘊蓄がこれでもか、これでもかとちりばめられているのかなと想像していたのですが、実際に読んでみて、意外とあっさりしているなあという印象を受けました。もっともこれは、『ガラスの仮面』の主題が「演劇」なのに対して、『のだめカンタービレ』は「音楽」と、主題の違いも影響していて、音楽(演奏)というのはそもそも言語化しにくいということがあるのかもしれません。それに音楽演奏では、演劇よりも技術の占める役割が大きいので、いわゆる「ハート」だけでは処理できないということもあるのでしょう(主人公の「のだめ」こと野田恵ちゃんは、楽譜を読むのが苦手で、印象だけでハートフルな演奏をする少女という設定にはなっていますが…)。全体的に、『のだめカンタービレ』の物語は音楽以外のところ(演奏家の人間関係)で大きく拡がっていて、音楽は物語の背景という感じもしました。ともかく、全体がものすごくあっさりしているのがトレンディなのかもしれませんね。
とはいえ、出てくる曲の大半が知っている曲ですから、それを主人公であるのだめやそのあこがれの人・千秋真一(玉木宏に期待!)の演奏で想像してしまって、私などはかなり疲れます。文字通り、頭のなかで、存在しないのだめや千秋の演奏が、嵐のようにガチャガチャと響きまくっている感じで、この嵐は当分やみそうにありません。なにせのだめによれば、たとえばベートーヴェンの『悲愴ソナタ』は、「実家が新築した時二階に玄関ができて引っ越し中何度も階段を上り下りしなきゃいけなくて悲しい顔をしているおじいちゃんとおばあちゃん」というイメージの曲で、「階段の下りは上りより楽なんで長調のところは気持ちいいんデス。でも結局疲れ果ててこの第一楽章の最後はまた短調で嫌になって終わるんデス。だから最初と最後の和音はおばあちゃんの嘆きの訴えなんデスよ」(第12巻)というのですから…。

ところで、土曜日、そうやって『のだめカンタービレ』を読みながら渋谷から地下鉄に乗りこもうとしていたら、すぐ横に黒いTシャツの変なおじさんが乗りこんできました。それまで『のだめ…』に夢中でまわりの状況を全然把握していなかったので、突然、至近距離に黒服の怪人が登場したことにはびっくりです。そして、意識が地下鉄内の環境に同化しだすと、その怪人が、作曲家・ピアニストの高橋悠治さんであるということにまたびっくり。なにせ、彼は、私がお金を払ってそのCD(バッハのインヴェンション等)を購入した唯一の日本人演奏家なのです。もちろん、彼はそんなこと知るはずもなく、地下鉄のなかで、ぼんやりあくびなどをしてましたが、尊敬する演奏家のすご横で、音楽コミックを読むというのも、非常におもしろいものでした♪

ryuuzetsu.jpg
高く伸びたリュウゼツランの花茎
うってかわって日曜日は、知人の誘いで新宿御苑に晩夏から初秋の植物を観にいきました。新宿御苑にはこれまでも何度か行ったことがあるのですが、なぜかいつも閉園間際で温室に入れず、昨日は、「暑い暑い」と言いながら温室にも入ってみました。温室には、異次元から来たような不思議な植物が所狭しと並んでいて、ちょっと壮観でした。なかでも見事だったのは、数十年に一度花を咲かせ、花が咲くと枯れてしまうという龍舌蘭の花ですね。花茎が10メートル以上も伸びているのです。
知人は、私がコミック好きだということをよく知っていて、かつ、そのかなでも私が特に好きな内田善美作品を人に貸したら、そのまま戻らなくなって残念に思っているということまで知っていて、たまたまネットオークションで安く出ていたから入手したと内田善美の『草迷宮・草空間』をプレゼントされました。こういう気のきいたプレゼントは、とてもうれしいですね。
知人とは、新宿御苑を二時間弱散策して、近くで生ビールを一杯ひっかけながら定家の話などをして別れました。

と、ここまで書いていたら、宅配便のノックがして、九州に住んでいる若い友人から、これまた私が好きな映画『メゾン・ド・ヒミコ』のDVDが送られてきました。とても良いタイミングで、これまたうれしいです♪

   *    *    *

この記事が興味深かったら、クリックお願いします↓
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/11(月) 13:08:11|
  2. コミック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平松令三氏の『親鸞』を読むーーその3 | ホーム | 平松令三氏の『親鸞』を読むーーその2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/09/13(水) 01:35:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

スカッシュ

スカッシュを探すなら http://www.stumpwaterrock.com/101070/502046/
  1. 2008/09/27(土) 15:26:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/153-ea83b74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。