le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

峰岸純夫氏「鎌倉時代東国の真宗門徒」を読むーーその7

直前の記事で検討した、親鸞没後の初期真宗教団の動きを、経済(お金の動き)とからませながら、もう少し具体的にみてみることにしましょう。

さて、板碑の造営費について、峰岸純夫氏も参照している千々和到氏の論文「東国における仏教の中世的展開ーー板碑研究の序説として」(『史学雑誌』82-2・3号)は、次のように記しています。
「板碑の造営にどの程度費用がかかるかを明らかにする資料はまだ見出されていない。他の石塔の場合では、「大乗院寺社雑事記」明応元年九月三日条に一条兼良の墓石塔の費用が、石塔代八貫、供養方二貫、その他五百文だったと記されており、川勝政太郎博士はこの兼良の石塔と見られる宝篋印塔を東福寺墓地で見出され、その石塔の高さは五尺七寸だったという(『日本石材工芸史』)。」(同論文第一章註6)
この一条兼良の墓石塔の費用と比較して、真仏報恩碑の裏面に記してある百五十貫というのが、いかに膨大な額かわかりますが、逆にこの点から、百五十貫という額は、「仏事供養の費用も含まれていたかも知れない」という峰岸氏の推測が生まれてくるのですね。すると今度は、真仏の仏事供養が、ともかく非常に盛大なものであったということになると思います。

また、嘉元元年に専修念仏停廃令が出された際に横曽根門徒木針智信が出した三百貫というのもはんぱな額ではないですね(もちろん、門徒全体ではそれ以上)。親鸞門徒というのは、やはり、相当の経済力があったのではないでしょうか。『歎異抄』第二条に出てくる門徒代表の上洛というのも、それを示していると思います。彼らは、信仰上の重要問題では出費をいとわないし、すぐにそれを捻出できる。ちなみにこの訴訟費用というのは、事務経費というより、額からいって、現代風にいうならば賄賂性の高いお金と考えるべきではないでしょうか。
少しうがった見方をすれば、幕府の禁令というのも、親鸞門徒を取り締まるという意図はあまりなくて、門徒を少しおどして上納金を出させようと狙いで出されたと考えることも可能だと思います。
ところでこの横曽根(飯沼)の地は、『教行信証』開板に関して峰岸氏が平頼綱の領地と指摘していた土地ですね。幕府上層部は、頼綱の旧地には、親鸞門徒(念仏衆)が多く、しかも彼らは、大部の書を開板するだけの経済力をもっているということを知っていたのではないかという気がします。

これらの点を総合的に考えてみると、正応年間の横曽根門徒は、『教行信証』開板の資金が足りなくて領主・平頼綱に援助を依頼したというより、開板にともなって生じることが予想されるトラブルの排除を頼綱に期待したのであって、この時も、門徒の側から頼綱に、なにがしかの金銭等がわたされたと考えるべきではないでしょうか。
それが、平禅門の乱で頼綱が滅亡したために幕府と門徒とのパイプが途切れ、直後に嘉元の専修念仏停廃令が出されるに到る。しかしこのとき、訴訟をとおして幕府と門徒との間には新たなパイプができた。峰岸論文にそって考えれば、この新たなパイプ作りには唯善が大きくからんでおり、京都で大谷廟所相続訴訟に破れたとき、唯善は、この人脈(それは将軍に極めて近いが、将軍その人ではない)をたよって鎌倉に下向し、下河辺に定着したのではないでしょうか。

   *    *    *

この記事が興味深かったら、クリックお願いします↓
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/25(月) 09:47:13|
  2. 仏教史&仏教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<峰岸純夫氏「鎌倉時代東国の真宗門徒」を読むーーその8 | ホーム | 峰岸純夫氏「鎌倉時代東国の真宗門徒」を読むーーその6>>

コメント

バッグ・小物・ブランド雑貨

バッグ・小物・ブランド雑貨を探すなら http://www.taylormorganfans.com/216131/
  1. 2008/09/20(土) 00:18:04 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

観光英語検定試験

観光英語検定試験とは、海外へ旅行する日本人、また日本を訪れる外国人が増加する昨今、旅行・観光・ホテル・レストランサービス等の職業に従事する者の英語による業務の基礎的技術の向上を目的に、全国語学ビジネス観光教育協会の専門学校を中心に実施される試験 http://lapidary.stepuptechnologies.com/
  1. 2008/12/10(水) 19:33:59 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/161-e2ca408c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。