le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原稿が完成

英文原稿と註がようやくできあがりました。英文は、全部でちょうど400行あります。
本文で歴史的な記述を省いた分、註でそれを補ったので、註もかなりの量になりました。註にいれた中国仏教史の簡単な説明、まだちょっと不満があるのですが、それは少しずつなおしていけばなんとかなりそうです。
完成したものはまだイタリアに送っていませんが、その前の草稿に対するイタリアからの反応はけっこうよくて、早くも次には「舞踏」のことをなにか書いてくれないかと言ってきています。向こうも私の書いたものがなにかおもしろいと思ってくれているのでしょう。
こうして英文で原稿を書いてみると普段とは違う発見もあって、たとえば私は、定家の頭韻の例として

  いつしかとかすめる空の気色かな ただ夜のほどの春のあけぼの

をとりあげているのですが、日本語で読んでいたときには何とも思わなかったこの歌が、英語に訳そうと思って読みかえしているうちに、たとえば、定家の代表作のひとつ

  おほぞらは梅のにほひに霞みつつ くもりもはてぬ春の夜の月

にもつながるものすごくいい歌ではないかと思えてきました。定家という人は、さっと詠み流した歌にもいい歌が多いし、そういう歌は、詠み流しているがゆえに、変に細工していない定家の個性がそのままでてくるのですね。
原稿は、当初の予定を変更して、「いつしかと」の歌の読みの可能性を一つ提示して終えることにしました。

   *    *    *

この記事が興味深かったら、クリックお願いします↓
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/11/26(日) 23:20:17|
  2. 身辺雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<媒体概要 | ホーム | 英文サンプルを送付>>

コメント

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士とは、生花を主体とした花材を用いた装飾作業の技能を認められたプロフェッショナル http://account.markjacobsesq.com/
  1. 2008/09/08(月) 23:56:12 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

熱帯魚・アクアリウム

熱帯魚・アクアリウムを探すなら http://www.kadohan.com/101213/203107/
  1. 2008/10/10(金) 22:05:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

サテンのドレス

サテンの検索サイト。生地、ブラウス、シルク、リボン、サテンシルバーなどサテンに関する各種情報をお届けしています。 http://jeneration.portocallrestaurant.com/
  1. 2008/11/25(火) 22:49:41 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/174-3878486f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。