le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スタイルが語る

すぐ下の記事で書いている芸術表現におけるスタイルのこと、毎○新聞の記者にはとてもわかりにくいようで、知人になんどもくりかえし質問していました。それはようするに、芸術的ということと職人的ということの対立の問題でもあったのですが、知人は、とあるメッセージ等を直接表現する「芸術的作品」に対し、そうしたものをストレートにはめざさない「職人的作品」もあることを主張し、自分はその「職人的作品」を支持するということを強調しているのですね。
このことそのものは、たとえばブレッソンの映画などにも通ずる問題で、ブレッソンは、直接的な「主義・主張」といったものを作品から徹底的に排除しようとし、その主義・主張の排除ということが、ある意味でブレッソンの「主張」になっている(ちなみに、知人もブレッソン映画が大好きで高く評価しており、ブレッソンのことは、ふたりのあいだてよく話題になります)。主義・主張の徹底した排除の背景に、ある積極的なメッセージがこめられているといった作品が存在するのだということ、肩肘をはった自己主張だけが芸術表現のすべてではないのだということ(トリュフォーは、ブレッソンの『バルタザールどこへいく』を「気負わない映画」といってとても高く評価してますね)を理解するのに、毎○の記者はとても苦しんでいるようにみえました。というか、彼女は知人の本を読んだときに、おそらく直感的にそのことを感じ、でもそれを自分で言葉にするのがとても難しくて、インタビューを申し入れてきたのですね。ですからこのインタビューは、彼女にとっての自己確認でもあって、だから彼女は異様に緊張していたのだと思います。
まあようするに、「スタイル」もしくは「日常性」というのは、作品のなかで言語等による直接的な主張を行わないときに大きくクローズアップされてくる問題で、ブレッソン作品は、スタイルそのものがメッセージ性をもっている典型的な例ですね。
(だったら、そんなまわりくどいことはやめにして、直接メッセージを伝えればいいという考え方もあるとは思いますが(笑)、知人なんかは、そうした直接的メッセージはその場限りのものでなにか弱いところがあると考えているのですね。)
インタビューでは、そんなところから、「日本的表現」ということも話題になったのですが、ブレッソン作品をみればわかるように、これは日本的とか西欧的といった問題でもないし、またエロティシズムを論ずるときに、これを必ずセクシャリティーやジェンダーと結び付けなくてはならないといった単純な問題でもないということで、かなりつっこんだものになりました。

さて、今日は、とある本を一緒に訳そうとメールで話し合っている人とはじめてお会いします。私からすると、その本でも表現の「スタイル」は大きな問題の一つで、彼には、このブログでも紹介しているブレッソン『バルタザールどこへいく』をめぐっての浅沼圭司さんと品田雄吉さんの対談のコピーをお送りしてあります。
一緒に訳そうという本のこと、ブレッソンのこと、スタイルのこと、どうなるかとても楽しみです。
(ちなみに彼の専門は美学で、クレーの作品と芸術活動をとても高く評価しているようです。)

【参照】
「ロベール・ブレッソンの作風をめぐって 1」
「ロベール・ブレッソンの作風をめぐって 2」

   *    *    *

この記事が興味深かったら、クリックお願いします↓
banner_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/01/31(水) 13:08:38|
  2. 身辺雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<共訳の合意 | ホーム | 報告終了し、原稿依頼>>

コメント

カーペット

カーペット http://cobaea.archiunite.net/
  1. 2008/08/29(金) 22:02:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

テレビ

テレビを探すなら http://www.carrot-import.com/211742/100141/
  1. 2008/11/12(水) 19:45:35 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/185-d8294fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。