le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

研究論文がほぼ完成!

ここ数日、9月末が締め切りの論文(50枚)に追われていたが、ようやくメドがついた。私の論文は、フーコーの『言葉と物』でも大きな主題としてとりあげられている18世紀の思想に関係するもの。実は、6月にしろうとながらとある学会で研究報告したところ、思いがけずも、報告者はその報告をもとにして論文を執筆し学会の年報に投稿する資格があるといわれ、気をよくして挑戦していたもの。6月の報告の時点で内容は論文スタイルにまとめられていたのだが、口頭発表だったので、論文ならば註にあたるものを参考資料として添付しており、それを註として取りこむというのが、私の投稿論文執筆のポイント。執筆といってもゼロから書くのではなく、改訂作業なので気は楽だ。
改訂の合間に『言葉と物』を読んだのは、フーコーの問題意識を論文に反映できないかと思ったため。ただし『言葉と物』の18世紀思想に関する記述に関していえば、かなり一般的な視覚から書かれているので、今回の論文に取り入れられる論点はなかったというのが正直な感想。
また、6月の学会では一橋大学のMさんから私の報告の一部に対する反論があったので、その反論に対する回答は本文に取りこんだ。
投稿論文はそれでほぼ完成のはずだったのだが、全体を見なおしているうちに、とりあげているテクストの解釈に重要な誤りがあることに気がついた。間に合ってよかった!ということで、その部分も訂正。残るは、欧文(私の場合はフランス語)によるレジュメだけとなった。
これが終われば、大きな肩の荷がおりる感じ。
もっとも、論文には査読があるというので、投稿しても採用されるかどうかは明らかではない。しかし、自分としてはベストをつくして誰もとりあげたことのないテクストを分析したので、採用されなかったとしても満足だ。
論文を無事投稿したら、少し充電してから、論文でとりあげたテクストを全訳するつもり。50歳を超え、自分ができることには限りがあることがはっきりしてきたので、こうして少しずつ目標をたてながら進んでいくことにしたいと思っている。

(ということで、今月中はあまり大きな書き込みができないかもしれませんが、悪しからず♪)

【追記】
とりあえずレジュメを書き上げました。あとは註の手直しが残っています。(9/27)
スポンサーサイト
  1. 2005/09/25(日) 01:55:53|
  2. 身辺雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<論文提出 | ホーム | 『メゾン・ド・ヒミコ』撮影秘話ーー青山吉良さん突撃取材から>>

コメント

おひさしぶりです

お疲れ様でした!!!!
無事投稿できることをお祈りしていますi-234いいものがつくれるようにがんばってくださいね!!
  1. 2005/09/25(日) 23:07:48 |
  2. URL |
  3. Tau #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。達成感は格別でしょうね。まだ完了ではないようですが、あと一息、頑張ってください。
採用テキストの解釈の間違いって、どんなだったのか、興味がありますね。でも、それもカヴァーできたようで、フゥーってとこですか。
それにしても初めての書き込みになりましたね。すみません。
  1. 2005/09/26(月) 03:27:16 |
  2. URL |
  3. Ryo #7gsTn6vI
  4. [ 編集]

コメント、とてもはげみになります。

Tauさん、Ryoさん、コメントありがとうございます。
この書き込みは、自分にたいするまとめのような気持ちで書いたものですから、コメントが頂戴できるとは思っていませんでした。思いがけずもコメントがいただけて、とてもはげみになります。
論文はルソーとも面識があったMという政治思想家の著作をめぐるもので、このMという人は、フランスでもほとんど読まれておらず、日本にはまだ翻訳が一冊もないので、その思想を紹介するのは大変ですが、自分でも楽しみながら学会で報告し、また論文をまとめています(ちなみにMの弟の思想は、『言葉と物』のなかでも18世紀を代表するものとして大きくとりあげられています)。
こうした事情から、私の報告&論文は、単にテクスト分析したものではなく、思想史的な方法をとりいれて、テクストが生まれるまでの背景をその内容とからめようとしたもので、正直な話、フランス語だけでなく、日本語でもちょっと要約しにくいのです。
でも逆に言えば、私のような視覚からのMの思想へのアプローチは、フランスでも行われておらず、フランス語のレジュメによって日本人がそうしたアプローチを行っていることを知ってもらえることは意味のあることだと思っています(たとえそのフランス語がどんなにつたなくても)。
ともかく、完成まであと一歩ですから、なんとかがんばります。
  1. 2005/09/26(月) 09:05:54 |
  2. URL |
  3. lunatique #tmBa20pk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/23-690a92ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。