le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『紅天女』が能に

三島由紀夫の関連で、歌舞伎(人形浄瑠璃)演目の解説を検索するために日本芸術振興協会(国立劇場)のサイトにアクセスしていたところ、来年二月に国立能楽堂で、少女漫画『ガラスの仮面』(美内すずえ)を原案とする新作能『紅天女』が演じられるという記事を発見した。伝統芸能と現代、芝居と漫画、そうした厚い垣根を取り払うという意味でよい企画だと思う。

『紅天女』制作発表ページ
『紅天女』公演情報
スポンサーサイト

テーマ:古典芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/12/18(日) 12:01:49|
  2. コミック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<三島由紀夫作品と演劇(近松半二評とからめ) | ホーム | 三島由紀夫の書簡を読む:東文彦への書簡>>

コメント

能と漫画

lunatiqueさん、こんにちは。
【ガラスの仮面】の漫画中に出てくる紅天女を
原案に、新作能がつくられたなんて知りませんでした。
祖母と母が謡い(うたい)を少しやっていたので
吉野天人のうたいだしを冗談で覚えたことも(笑)
(我は怪しげなるものにて。なんて言う台詞もあったりして。ちょっとおかしいですよね。)
もしかしたら、なのですけど
ガラスの仮面の作者さんは、吉野天人を
イメージして紅天女を創作したのかな。
と思うところもあるので、能→漫画→能と
めぐった気もして面白く感じます。

こちらに伺うと、記事を楽しく拝見するんですけど
小説について深く読んだりしていなかったりで
コメントをなかなかできないでいて読むだけですみません。
でも、更新。たのしみにしています。

あと、今年もわずかになりました。
lunatiqueさんも、よいお年を。。。☆
  1. 2005/12/29(木) 00:16:04 |
  2. URL |
  3. ミミ #JalddpaA
  4. [ 編集]

よい作品に仕上がってるといいですね。

ミミさん、こんにちは。私も最近は能に行ってませんけど、コミックを機に能の世界が広がるというのは、基本的にはよいことだと思います。『紅天女』がよい作品に仕上がっているといいですね。
来年もこのブログ、どうぞよろしくお願い致します。
  1. 2005/12/30(金) 17:37:30 |
  2. URL |
  3. lunatique #tmBa20pk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/58-92ad5e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。