le monde lunatique

白銀色の月光を浴びて、狂ってしまったのは世界?それとも私?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「封印された星★展」を観る

京橋のギャラリー椿(東京都中央区京橋3-3-10第一下村ビル1F、TEL=03-3281-7808)で開催中の「封印された星★展」を観た。
この「封印された星★展」は、フランス文学者・巖谷國士氏が『封印された星 瀧口修造と日本のアーチストたち』(平凡社)刊行を機に企画したもので、当初、名古屋で開かれ好評だったため、東京でも同じコンセプトでの展覧会を開催することになったもの。評論家・瀧口修造氏ゆかりのアーチストを中心に、巖谷氏独自の視覚も加味し、さまざまなジャンルのアーチストの作品を紹介している。
出展アーチストは、加納光於、岡崎和郎、池田龍雄、合田佐和子、四谷シモン、上野紀子、中江嘉男、平沢淑子、高梨豊、秋山祐徳太子、荒木経惟、渡辺兼人、金井美恵子、金井久美子、桑原弘明、島谷晃、山下清澄、河原朝生、梅木英治、大月雄二郎、伊勢崎淳の各氏(敬称略)。
会場には瀧口修造氏をしのぶコーナーも設けられ、遺品の一部もみることができた。
展覧会の会期は3月11日(土)までで、入場無料。本日(5日)は、会場で巖谷國士氏の講演会も予定されている(講演会は要予約、なお本日に限り講演会参加者のみ入場可)。
ちなみに、「封印された星」という言葉は、もともと錬金術の概念で、シュールレアリストにも非常に好まれたタームとのこと。
瀧口氏などが中心になって日本に紹介されたシュールレアリスムのコンセプトが、1960年代以降の日本のアーチストのなかでどのように消化されているかを概観でき、コンパクトながらおもしろい展覧会だった。

【参照】封印された星★展の会場風景(ギャラリー椿サイト内)
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/03/05(日) 13:36:28|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<神風連に連なる東文彦の家系 | ホーム | 三島由紀夫のペンネームの由来に関する逸話>>

コメント

シュルレアリスムは、現在でも、現代詩の世界では生き続けていますよ。吉岡実の影響は大きかったんじゃないかと思います。詩というのはもともと非現実を志向するものですから、シュルレアリスムとは相性がいいのだと思います。
僕も詩を書くときには、部分的に自動筆記を取り入れたりします。
  1. 2006/03/07(火) 21:08:24 |
  2. URL |
  3. sk #szJJAa9.
  4. [ 編集]

芸術の本質とシュールリアリスム

私は、藤原定家は、ある意味でシュールレアリストではないかと思ってるんですが(笑)、シュールという運動を、20世紀のとある時点で生まれた芸術運動としてとらえるだけでなく、芸術の本質にかかわるものとする視点も必要でしょうね。
  1. 2006/03/11(土) 09:36:26 |
  2. URL |
  3. lunatique #KAqg7Yzw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lunatique.blog20.fc2.com/tb.php/89-913b406e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lunatique

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。